薄毛対策を徹底解説!

 

はじめまして、当サイト管理人です。

 

今から4年前、私は薄毛が進行していることに気づきました。風呂上りにふと地肌を見た時に、生え際がM字に後退していたのです。

 

このままではヤバイ!

 

これを機に、薄毛対策について本やインターネットで勉強して、私なりに育毛に励みました。今では、当時の状態を何とかキープしており、進行をブロックすることができています。

 

このサイトでは、私が学んだ薄毛対策の方法や、実際に私が取り組んでいる薄毛対策について詳しくお伝えしていきます。

 

男の薄毛は進行型なので、放置しているとどんどんひどくなってしまいます。最終的には、植毛やカツラといった方法で隠すことしかできなくなるため、薄毛が気になり始めたらできるだけ早く対策をはじめましょう。

 

当サイトが、あなたのお役にたてれば幸いです。


薄毛対策には「育毛剤チャップアップ」がおすすめ

 

薄毛対策として育毛剤を使うなら「チャップアップ」がおすすめです。

 

チャップアップは、市販の育毛剤と違い、薄毛の原因となる悪玉男性ホルモン・DHTの生成をブロックする成分が含まれているため、抜け毛予防の効果があります。また、血行促進成分・育毛促進成分が含まれているため、短く細くなってしまった髪をしっかりと育毛することも可能です。

 

私も現在進行形でチャップアップを愛用していますが、今まで使ってきた育毛剤の中で一番満足しています。

 

実は、チャップアップは育毛剤でありながら医師の推奨を受けている貴重な商品なのです。私以外にも、使った方の97%の方が満足しているというデータもあるため、薄毛対策としてまずは使っておきたい育毛剤です。

 

育毛剤選びで悩んだらおすすめです。

 

※このサイト限定で最大56%OFFの特別価格で購入できます!


 

薄毛が進行してしまう原因

 

ある日突然、気になり始める薄毛。私と同じように風呂上りに何気なく鏡を見て気づいた方も多いのではないでしょうか。

 

薄毛が進行してしまう一番の原因は、悪玉男性ホルモン・DHT(ジヒドロテストステロン)による悪影響です。悪玉男性ホルモン・DHTが生成されると、毛根に影響を与えてしまい、髪の毛が弱く抜け落ちやすくなったり、成長途中で抜けてしまうようになります。

 

しかも、悪玉男性ホルモン・DHTは、放置していても生成されなくなることはありません。そのため、薄毛が進行してしまった場合、しっかりと対策をはじめないとどんどん酷くなってしまうのです。

 

悪玉男性ホルモン・DHTは、主に「生え際」「頭頂部」に影響を与えると考えられています。私の場合は、生え際の薄毛が進行し始めていました。頭頂部から来る人もいれば、生え際と頭頂部の両方から来る人もいます。

 

そのため、薄毛が気になり始めたら、生え際だけなのか、頭頂部だけなのか、両方来ているのかしっかりと確認しておきましょう。

 

悪玉男性ホルモン・DHTの生成によって薄毛が進行してしまうため、薄毛対策には「悪玉男性ホルモン・DHTの生成をブロック」することが重要です。最近では、主に2つの方法で薄毛対策することが主流となっているため、あなたに合った方法を選んでしっかりと対策をしましょう。

 

薄毛対策の方法-悪玉男性ホルモン・DHTの生成をブロック

 

薄毛の原因である悪玉男性ホルモン・DHTの生成をブロックするためには、次の2つが一般的です。

 

  • 薬(医薬品)を使った治療
  • 育毛剤を使った対策

 

どちらもメリット・デメリットがあるため、具体的にお伝えしていきます。

 

後ほども詳しくお話していますが、私は現在、副作用の心配のない「育毛剤を使った対策」を行っています。自宅で手軽にできる上、副作用の心配がないため、おすすめです。 >>> 育毛剤を使った対策(ページ内リンク)

 

薬(医薬品)を使った治療

 

 

「薄毛になったら病院へ」というお笑い芸人さんが出演しているテレビCMを見たことがあるかもしれません。最近では、病院へ行けば「プロペシア」と呼ばれる薄毛治療薬を処方してもらえるようになってきています。

 

プロペシアには、「フィナステリド」と呼ばれる悪玉男性ホルモン・DHTの生成をブロックする成分が含まれています。そのため、1日一錠飲むことで、薄毛治療を行うことが可能となっています。

 

一日一錠服用するだけなのでとても手軽だということもあり、徐々に利用する人も増えてきています。

 

プロペシアの副作用

 

しかし、プロペシアは「薬(医薬品)」であるため、副作用の心配も挙げられています。具体的には、次のような副作用が心配されています。

 

【プロペシアの主な副作用】

  • 精力減退
  • 勃起不全
  • 妊婦が触るとお腹の中の赤ちゃんに影響が出る恐れがある
  • 幼児が触ると生殖器の成長に影響が出る恐れがある

 

プロペシアの副作用の特徴には、服用した本人だけでなく、触っただけでも奥さんやお子さんに影響が出る恐れがあるということです。

 

男性ホルモン・DHTは、成人以降の男性の脱毛を促してしまう厄介なホルモンです。しかし、生殖器を成長させるためには必要なホルモンでもあると考えられており、奥さんやお子さんは、プロペシアに触れることさえも禁止されています。

 

また最近の研究では、プロペシアを服用し続けることで鬱状態が出る場合もある、と一部でいわれています。

 

こういった副作用があるため、服用を慎重に決める方も少なくありません。実は私も、薄毛治療としてプロペシアを服用しようと考えたこともありましたが、副作用の心配から副作用の恐れのない方帆で薄毛対策に取り組むことを決めました。。

 

プロペシアのその他のデメリット

 

プロペシアを服用しないで薄毛対策に取り組む方が多い理由には、次のようなことがあります。

 

【プロペシアのその他のデメリット】

  • 毎月病院で診察を受けないと処方してもらえない
  • 薄毛治療は保険適応外であるため全額自己負担
  • 服用を中止するとまた薄毛が進行してしまう

 

現在、薄毛治療は保険適応外であるため、プロペシアの購入をはじめ、診察料などは全額自己負担となっています。AGA専門クリニックを受診した場合、毎月3万円前後の費用が必要になるのが、相場となっています。

 

今後、薄毛治療が保険適応される可能性もあるかもしれませんが、今のところ費用が高いためなかなか一歩踏み出せない方が多いです。

 

また、プロペシアを使って抜け毛を抑えたり、薄毛の進行を抑えられたとしても、ずっと服用し続けないといけません。プロペシアの服用を中止してしまうと、また悪玉男性ホルモン・DHTが生成され薄毛が進行してしまうのです。

 

そのため、20代や30代などの若い世代の場合、薬を服用し続けることによる体の負担を心配する方も多いです。特に20代の場合、薄毛治療として何十年も服用し続けると考えると、心配になりますからね。

 

 

プロペシアは、薄毛治療薬として認められている薬ですが、副作用やデメリットとしてこのようなことがあります。

 

私が薄毛に気づき始めたのは、24歳のときだったので、プロペシアのことを知って非常に悩みました。今以上薄毛が進行することは耐えられなかったですが、体への負担や副作用がとても心配だったのです。

 

そこで私は、「とりあえずは副作用の心配がほとんどない方法で薄毛対策に取り組んで、それでもだめだったらプロペシアを使った薄毛治療に取り組もう!」と考えました。

 

それから4年経過しますが、なんとか現状維持をキープして、薬は使わないで過ごせています。もしプロペシアの服用に躊躇していたり迷いがある場合、まずは副作用の心配がほとんどいらない育毛剤や育毛サプリメントを使った対策に取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

私も初めは半信半疑でしたが、実際に成分などを見ると納得して薄毛対策に取り組むことができました。

 

では具体的に、育毛剤や育毛サプリメントを使った薄毛対策についてお伝えしていきますね。

 

育毛剤を使った薄毛対策

 

 

私が現在進行形で取り組んでいるのが、育毛剤・育毛プリメントを使った薄毛対策です。育毛剤・育毛サプリメントを使った薄毛対策を選んだ一番の理由は「副作用の恐れがほとんどない」からです。

 

実は、はじめに育毛剤を調べていた時は「どうせ効果ないだろう…」と半信半疑でした。

 

ですが、育毛剤について調べていくうちに、最近の育毛剤にはかなり期待できる成分も入っていることを知りました。そのため、なんとか今でも現状維持をキープすることができています。

 

育毛剤の失敗しない選び方

 

 

育毛剤を使った薄毛対策をおすすめしていますが、何を選んでも良いというわけではありません。お恥ずかしい話ですが、私も最初に買った育毛剤は本当にお金の無駄だったと思っています。

 

というのも、まだ詳しく勉強する前で、とにかく薄毛を何とかしたいと近所の薬局で売っている育毛剤を適当に選んだからです。勉強してからその育毛剤の成分を見てみたら、ほとんど水のような商品でした…。

 

こういった失敗も経験しているだけに、育毛剤を選ぶ時は成分をかなり慎重に見ています。失敗しない育毛剤を選ぶために、次の3つのポイントを確認するようにしています。

 

悪玉男性ホルモン・DHTの生成をブロックする成分が入っているか

 

育毛剤選びで最重要だと考えているのが、悪玉男性ホルモン・DHTの生成をブロックする成分の有無です。

 

薄毛が進行してしまう原因をブロックできないと、抜け毛予防や育毛促進にはつながりません。育毛剤を選ぶ時は、まずはじめに悪玉男性ホルモン・DHTの生成をブロックする成分の有無を確認しましょう。

 

【DHTの生成をブロック】

  • ヒオウギ抽出液
  • オウゴンエキス
  • 冬虫夏草エキス

 

育毛促進・血行促進成分が入っているか

 

抜け毛の予防を行ったら、今生えている産毛などをしっかりと育毛して元気な髪にすることが大切です。

 

薄毛が気になり始めた段階では、薄毛部分に産毛のような細い弱々しい髪が生えているはずです。それらをしっかりと育てることが薄毛対策には欠かせません。

 

最近では、薄毛治療薬ミノキシジルと同等の結果を出した「M-034(海藻エキス)」や、有効成分「センブリエキス」を含む育毛剤が増えてきています。そういった商品を選んで、しっかりと育毛促進の効果を期待しましょう。

 

育毛サプリメントがセットになっている

 

薄毛対策は、育毛剤だけに頼るのでなく、育毛サプリメントを併用するのが一般的です。私も両方を併用して薄毛対策に取り組んでいますが、育毛剤だけを使っていた時よりも満足しています。

 

育毛サプリメントには、悪玉男性ホルモン・DHTの生成をブロックする成分や、血流促進の働きのある成分など、薄毛対策に必要な成分をしっかりと補うことができます。プロペシアのように体の中から働きが期待できるのも特徴です。

 

 

以上3つのポイントを確認しながら育毛剤を選ぶことで、薄毛対策として期待できる育毛剤を選べます。

 

では、薄毛対策として人気の育毛剤の中から、私がおすすめできる育毛剤を厳選してご紹介していきます。どの育毛剤を選べばよいのか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

薄毛対策におすすめの育毛剤ランキング

 

1位 チャップアップ

 

2位 濃密育毛剤BUBKA

 

3位 薬用プランテル

 

薄毛対策にチャップアップがおすすめな理由

 

 

私が現在愛用している育毛剤が、チャップアップです。

 

チャップアップには、抜け毛予防・育毛促進・血行促進に必要な成分が凝縮されているのが特徴です。さらに、育毛サプリメントもセットで付属してくるため、本格的に薄毛対策に取り組めるのがおすすめの理由です。

 

これまでにいろいろな育毛剤を使ってきましたが、一番満足度の高い育毛剤に仕上がっています。現状維持をキープできている理由の一つに、チャップアップを使っているというのを自信を持って言えるくらいです。

 

実際、チャップアップは育毛剤でありながら医師の推奨を受けているのです。そのため、他の育毛剤で満足できなかった方も続々と乗り換えられているんですね。

 

薄毛は放置していても進行するだけなので、気になり始めたらまずはチャップアップを使って対策を始めることをおすすめします。

 

 

薄毛対策についてまとめ

 

いかがでしたでしょうか?
このページでは、薄毛対策の原因から対策、また私が使っている育毛剤についてお伝えしてきました。

 

男の薄毛は、毎日少しずつ少しずつ進行していっています。そのため、鏡を見て気になり始めた段階ではすでに薄毛が結構進行した結果だともいわれています。

 

プロペシアなどの薄毛治療薬を使った治療もありますし、副作用の心配のほとんどない育毛剤・育毛サプリメントを使った薄毛対策もあります。

 

薄毛が気になり始めたらできるだけ早く何かしらの行動を起こして、根気よく継続することがとても重要です。薬を使った場合も、育毛剤を使った場合も、最低でも3か月は様子を見ないといけないため、早めの行動が大切なんですね。

 

薄毛対策は、個人差があるものの、やるかやらないかだけなので、どうせなら少しでも早くしっかりと行っておきましょう。当サイトが、あなたのお役にたてれば幸いです。


女性の薄毛対策は男性とは違います!

当サイトでは、男性の薄毛対策について詳しくお伝えしてきました。
最近になって「女性の薄毛対策についても書いてほしい!」と読者さんからご連絡いただいたので、新しく女性の薄毛対策についてもお伝えしておきます。

 

まず、悪玉男性ホルモン・DHT(ジヒドロテストステロン)が原因で薄毛になってしまう男性とは違い、女性の場合は、頭皮環境の悪化、女性ホルモン(エストロゲン)の減少などが原因で薄毛になってしまいます。
そのため、DHTの生成を抑制する男性用の育毛剤を使ってもほとんど実感できません。

 

大切なことは、頭皮環境をしっかりと整えてあげたうえで、有効成分を届けることです。
特に女性は、男性と比べると頭皮の皮脂腺が少ないため、頭皮が乾燥してつっぱりやすくなっています。

 

頭皮が乾燥してしまうということは、血行不良を起こしやすく髪の毛の成長に必要な栄養が運ばれにくい状態になっています。
そのため、まずは女性用育毛剤を使ってうるおい保湿成分などを使ったケアをする必要があります。

 

最近では、各メーカーから様々な女性用育毛剤が販売されている為、選ぶのも大変になってきています。
どの育毛剤を選べばよいのか悩んでしまったら、女性用育毛剤の比較サイトなどを参考にしてはいかがでしょうか。

 

参考:女性用育毛剤 ランキング

 

このように、女性と男性では、そもそも薄毛になってしまう原因が全然違います。
その結果、対策として使うべき育毛剤も異なっている為、男性用なのか女性用なのかをしっかりと見極めることが大切ですよ。

 

その他の生活習慣の見直しなどは男女ともに育毛にとっても非常に重要だということは共通しています。
睡眠不足・運動不足・偏食にならないように、普段の生活習慣からしっかりと見直すようにしましょう!

 

女性は男性と同じように治療することはできません

 

最近では、AGAクリニックとして男性型脱毛症に特化した専門医が増えてきていますが、そこでは「プロペシア」「ミノキシジル」などの治療薬を使った治療がメインとなっています。
女性の薄毛の場合、男性と同じように「プロペシア」「ミノキシジル」を使うことはできません。

 

特にプロペシアは、女性は触れることも禁止されているのです。またミノキシジルも、濃度が高ければ副作用のリスクが高くなるため、素人が勝手な判断で買うのはやめておいたほうが良いでしょう。

 

そのため、まずは上記でご紹介したような医薬部外品で副作用の恐れが低い女性用育毛剤を使ってケアしてみることをお勧めします。
効果は個人差があるものの、半年ほどで実感される方も少なくないので、まずは継続して試してみてはいかがでしょうか。

 

その後、変化を実感できなかったり、どうしても発毛を期待したい場合は、女性用のクリニックを受診することをおすすめします。
最近では、薄毛ケアも選択肢がいろいろと増えているため、自分が納得できることを続けることが大切ですね。